会員専用ページ
ショップ紹介

店長 尾崎あき子
丸兼ネットショップ店長で、ふぐ活するラジオ構成作家・ライターの尾崎あき子のブログ《休止中》

丸兼水産は
カラーミーショップ
と提携しています
カラーミーショップのアイコン

rss atom
決めては極寒の-50℃

美味しさと細胞の関係性?!


鮮魚は、基本ながら丁寧に取り扱い、鮮度を保つことが味の命です。そのため当社は−50℃の冷凍倉庫を導入しております。

小売店等で解凍されたフグが販売されていますが、皆さんのお口に届くまでに本来のフグの美味しさが損なわれている場合もあります。また-10℃で徐々に冷凍したものと、-50℃で瞬間冷凍したものの違いは、見た目ではあまり解りませんが、似て非なるものです。徐々に冷凍すると、フグの最大の魅力である「旨味」を含んだ細胞が肥大化し、解凍したときに旨味が流れ出てしまいます。

当社では、冷凍倉庫の隣で、生け簀から引き上げた活トラフグを捌き、冷凍倉庫へ運びます。-50℃の冷凍庫では、例えば花びらは1分で凍り、握ると粉々に砕ける状態になります。フグの身も驚くほど瞬時に凍らせるため、お客様のご家庭で解凍したときまで、本当に美味しい状態を保つのです。
決めては極寒の-50℃ 決めては極寒の-50℃

ふぐパーティーの模様を紹介してくれる女子会を募集中。